デイスクープ

Read Article

明け方が寒くなってきた!秋の訪れと共にお鍋が美味しくなる季節へ

大阪の本日の気温は、
最高気温25℃、最低気温が19℃と朝は少し肌寒い日であった。

1ヶ月前は、エアコンをつけるほど暑かったが
今では涼しいと秋の訪れを感じさせる日々が続いている。

秋と言えば、様々な秋がある。

  • 食欲の秋
  • 芸術の秋
  • スポーツの秋
  • 勉強の秋

何をするにしても気持ちが良い季節となってきた。

秋が終われば冬へ!鍋が美味しくなる季節

秋の味覚と言えば、秋刀魚。
脂が乗っていて、焼いた秋刀魚の醤油をかけると
それだけでご飯のお供として十分だろう。

フルーツで言えば、梨などがシーズンであり、
昨日梨を食べたが、みずみずしくそれでいて、
梨本来の甘いが口の中でとろけて、
幸せな気分となった。

そして、冬になると鍋である。

様々な鍋がある中、毎年ユニークな鍋が登場する。
少し前で言えば、豆乳鍋やカレー鍋が代表的ではあり、
今では鍋の定番となった。

編集長は、カレー鍋が好物である。
寒い中、鍋から発せられる水蒸気で温まりながら、
少し辛めのカレーと野菜が絶妙にマッチして、身体の内外から温まる。

その後、残ったスープを使いご飯を入れておじやにするのも良し、
明日のお昼ご飯として使うのもよしと、非常に万能である。

2014年・2015年の冬が暖冬になるか、まだ気象庁は発表していないが、
いずれにしても鍋は各家庭で一度は食すものだろう。

子供から高齢者まで誰もが好きな鍋。
アレンジも工夫次第で無限に広がり、具材も豊富である。

鍋こそが冬を乗り切るため必要なものであると編集長は考える。

(最終更新:2016年10月26日)
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top