デイスクープ

Read Article

秋分の日とはおはぎを食べるだけの日ではなく、祖先を敬う日

resize

9月になりましたが、残暑が続く今日このごろ。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

さて、9月23日(火)は秋分の日です。
秋分の日は古来よりおはぎを食べる風習があります。

そのため、子供の頃からおはぎの日と
覚えている人も多くいるのではないでしょうか?

秋分の日は、ご先祖さまを敬う日

皆さんにもご先祖様は必ずいます。
ご先祖様が居たから、皆さんがいます。

そのご先祖様に対して、感謝の気持ちを伝えるのが秋分の日です。
そのため、お墓参りへ行きおはぎをお供えする家族も多くいます。

なかなか、普段ご先祖様に感謝の気持ちを伝えることは、ないと思いますが、
9月23日(火)の秋分の日だけでは、ご先祖様に感謝を伝えましょう。

仕事などでお墓参りへ行けない方は寝る前でも結構なので、
心のなかで感謝の気持ちを伝えてみませんか?

できることならお墓参りへ

忙してお墓参りへ行きたいけど、行けない人も多くいると思います。
せめて、秋分の日周辺には家族と一緒にお墓参りをしてみてはどうでしょうか?

子供たちにとっては、
ちょっとしたピクニックになったりするので家族孝行としても、
良いかと思います。

できれば、おはぎをお供えするのがベストですが、
ご先祖様の好みをご存知のかたはその人にあった、お供えものでもOKです。

例えば、甘いモノが苦手であれば、ポテトチップスなどの塩辛いものでもOKです。

ほとんどの方は、車でお墓参りへ行くと思いますが、
ポテトチップスであれば車中で子供たちのお菓子としても重宝するので、
一石二鳥だったりします。

リアルコミュニケーションについて

私が思うに、ご先祖様は敬うべきです。

おじいちゃん・おばあちゃんで戦争を経験された方もいるでしょう。
今より大変な時期を必死で生き抜いた結果、私達がいます。

昨今では、人を敬うことが疎かになっているような気がします。

誰かが誰かを傷つけるニュースをよく見るので、
それが恰も日常化としているのが現状です。

でも、実は日本人は元々人を敬うことが得意な人たちが多く居たと考えています。
誰かがしんどければ、背中を押したり励ましたり。

そうして、日本人は強くなっていったと思います。

ネットが発達し、リアルコミュニケーションが疎かになって行っていますが、
改めてリアルコミュニケーションの重要性を感じます。

仲の良い人達とワイワイ騒ぐことってこれ以上ない幸福ではないでしょうか?

秋分の日についてネット上ではどう思っているのか

(最終更新:2014年9月5日)
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top