デイスクープ

Read Article

良い睡眠をとる方法を学んで睡眠不足を解消!これであなたも今日からぐっすり!

人間の活動時間のうち、30%は睡眠をしている。
これはあなたも同じだろう。一般的な睡眠は6〜8時間とされ、1日の30%は寝ていることになる。

つまり、この30%の時間を更に良いものにすることで活力を生み出し、
元気を出し、ポジティブ思考になることができる。

快適な睡眠に必要な4つのポイント

寝る前、あなたは何をしているか。
編集長を含め一部の人は、スマホでニュースを見たり、
書籍を読んだり、ゲームをしたりするだろう。

そして、いざ寝ようとしても寝付けないことは、
ないだろうか。

そんなあなたは、この4つのポイントに注意して欲しい。

寝る1時間前にはモニタを見ない

PCやスマホなどをつい操作してしまうことで、
目から脳へ刺激を与えることになる。
このことは、脳が覚醒状態に繋がるため、眠れないことになる。

そのため、寝る1時間前はPCやスマホを見ないことをオススメする

楽しいことを考える

寝る前に今日一日あったことを振り返り反省する人もいるだろう。
中には、失敗したことや上手くいかなかったことに対して、考える人もいる。

ずっと考えると、脳が興奮状態となり思考をすることになる。
つまりは起きている状態に近くなる。

そのため、布団に入ると楽しいことを考えるようにすべきだ。

お風呂は、就寝の1時間前までに

知り合いとチャットをしていて、気づけば1時を回っている。
いつもであれば、1時に寝ないとダメなはずだから、シャワーだけ浴びて、
寝ることにした。

このような経験はないだろうか。

この場合、交感神経が働いてしまい脳が寝る状態にならないケースがある。
そのため、お風呂は就寝の1時間前に入るべきだ。

食事は、就寝の3時間前までに済ませる

つい夜食を食べたくなる深夜。
食べてしまうと、胃が食べたものを消化するため活性化し、
それが脳へと伝わり、睡眠を妨げる要因となる。

そのため、食事は就寝の3時間前に済ませることをオススメする。
なお、仕事などで難しい場合は、
うどんやおかゆなど胃に負担がかかりにくいものを推奨する。

睡眠は全ての基礎となるもの

十分な睡眠が取れず寝不足な日を経験した人は多いだろう。
寝ることは、人間にとって重要であり活性化するために必要なものである。

つまり、睡眠を疎かにすると翌日全てに影響することになる。

つい夜更かししてしまうような、誘惑が多い現代社会。
だが、科学が発達しても睡眠が大事なことは昔から変わることはない。

睡眠を取るだけで、全ての事柄が上手くいくケースが多いため、
あなたもこれからは睡眠を重視してみてはどうだろうか。

(最終更新:2016年10月26日)
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top